英語で年・月・日付の言い方!〜アメリカ英語・イギリス英語の違い・前置詞の使い分け〜

英語で日付を言う時、迷うことありませんか?

月日の順番や、前置詞の使い方など、

日本語と大分違うので、悩む人も多いと思います。

アメリカ英語・イギリス英語の違いや、細かい規則についても解説します。

また、英語で日付を言うときに悩むのが、前置詞ですよね。

日本語では、年であろうと日付であろうと「〜に」をつければいいですが、
英語では、日付・月・年によってつける前置詞が変わります。

今回は、この2つについて解説していきます💡

2021は英語でどう読む?年号の読み方&アメリカ英語・イギリス英語の違い

2021年1月5日

英語で時間の読み方・言い方〜アメリカ英語とイギリス英語の違い〜

2021年1月8日

スポンサーリンク

日付の言い方

日付の聞き方

“What day is it today?”

“What day is today?”

こう外国人に聞かれたら、あなたはどう答えますか?

“It’s the 5th.”(5日です。)って答えないでくださいね!

え?今日の日にち聞いてるんじゃないの?って思った方!

実はこれ、曜日を聞く表現なのです。

曜日って最後に day が付いていますよね。

なので、What day といえば Mondayとか Tuesday が答えになるわけです。

なので、”What day is today?“と聞かれたら、
It’s Tuesday.“というふうに、曜日を答えましょうね💡

  • What day is it today? – It’s Tuesday.
    今日は何曜日ですか?- 火曜日です。


では、肝心の日付はどうやって聞くんでしょうか?

今日の日付を聞く時は、このような言い方があります。

  • What date is it?
  • What date is it today?
  • What is the date today?
  • What is today’s date?

すべて、「今日は何日ですか?」という意味です。

このように、日付を聞く時は、dateを使います

day曜日なので、気をつけましょう!

  • 日付を聞く時→ What date is it?
  • 曜日を聞く時→ What day is it?

今日の日付の答え方

では、日付を聞かれたらどのように答えるかを見ていきましょう。

基本的に、It’s 〜. と答えます。

Today is 〜. という答え方も間違いではありませんが、

It’s 〜. と言うほうが一般的です。

アメリカ英語の日付の言い方

アメリカ英語の場合、月・日・年の順に言います。

日付の前につくtheについてですが、月・日と答える場合は、日付の前のtheはあってもなくてもOKです。

ですが、それ以外の場合(日付だけ曜日と日付を答える場合)は、必ずthe がいるので気をつけましょう⚠️

  • Today is January 5th, 2021.
    今日は2021年1月5日です。
  • It’s January 5th, 2020.
    2021年1月5日です。
  • It’s January (the) 5th.
    1月5日です。
  • It’s the 5th.
    5日です。
  • It’s Tuesday the 5th.
    5日の火曜日です。
スポンサーリンク

イギリス英語の日付の言い方

イギリス英語の場合、日・月・年の順に言います。

また、日付の前に必ずthe月の前に必ずofを付けて読みます。

読むときは、このtheof省略できないので注意してくださいね⚠️

ちなみに、書くときは ofは省略されることが多いです。

また、January the 5th という言い方もありますが、アメリカ英語と違って、the省略できません。(たいていは、the 5th of Januaryといいます)

  • Today is the 5th of January, 2021.
    今日は2021年1月5日です。
  • It’s the 5th of January, 2021.
    2021年1月5日です。
  • It’s the 5th of January.
    1月5日です。
  • It’s January the 5th.
    1月5日です。
  • It’s the 5th.
    5日です。
  • It’s Tuesday the 5th.
    5日の火曜日です。

前置詞の使い分け

今度は、前置詞について見ていきましょう。

When’s your birthday?(誕生日はいつですか?)と聞かれたら、どう答えますか?

この場合もIt’s 〜. もしくは、My birthday is 〜.と答えます。

* 月・日の答え方は、先ほど説明した 日付の言い方と同じです😊

・曜日・日付を答える時

  • It’s on Tuesday the 5th.
  • It’s Tuesday the 5th.
  • My birthday is on Tuesday the 5th.
  • My birthday is Tuesday the 5th.

・日付のみ答える時

  • It’s on the 5th.
  • It’s the 5th.
  • My birthday is on the 5th.
  • My birthday is the 5th.

・曜日のみ答える時

  • It’s on Tuesday.
  • It’s Tuesday
  • My birthday is on Tuesday.
  • My birth day is Tuesday.

このような言い方ができます。

日付を言う時には、前置詞onは付けても付けなくてもOKです💡

・月や年を答える時

年代を答える時は、かならず前置詞inがいります

  • What month is your birthday? – My birthday is in September.
    誕生日は何月ですか? – 私の誕生日は9月です。
  • What year is your birthday? – My birthday is in 1987.
    誕生日は何年ですか? – 私の誕生日は1987年です。
  • I was born in the 80s.
    私は80年代生まれです。
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

アメリカ英語とイギリス英語の違い、月日や年を言う時の前置詞について、分かりましたか?

  • アメリカ英語 → 月・日・年の順
    • 月・日の場合はtheを省略できる
  • イギリス英語 → 日・月・年の順
    • 日付の前にthe、月の前にofがいる
    • theは省略できない
  • What day → 何曜日
  • What date → 何日
  • What month → 何月
  • What year → 何年
  • 前置詞
    • 日付、曜日 on (付けてもつけなくてもOK)
    • 月、年、年代 in (必ずつける)

このような規則は、慣れて覚えるしかないので、自分で色んな日付を言う練習をしましょう!

2021は英語でどう読む?年号の読み方&アメリカ英語・イギリス英語の違い

2021年1月5日

英語で時間の読み方・言い方〜アメリカ英語とイギリス英語の違い〜

2021年1月8日

スポンサーリンク