【頻度を表す英語】from time to time ってどいう意味?使い方から類義語まで詳しく解説!【一覧表つき】

fromtimetotime

みなさんこんにちは!

from time to time

今回はこの言葉と、その類義語について解説していきます!

英語によくある、簡単な言葉の組み合わせだけど意味が分からないシリーズですね!笑

直訳すると「時間から時間へ」ですが…

from time to time は、「ときどき」という意味です!

意味を聞けば、なんとなくイメージできるかもしれませんね💡

ときどき」といえばまっ先に思い浮かべるのは、

sometimes” ですよね。

  • always いつも
  • usually ふつう
  • often よく、頻繁に
  • sometimes ときどき
  • never 決して〜ない

というふうに、学校では習いましたよね💡

実はこれ以外にも、頻度を表す単語が色々あったのです!

今回は、”from time to time” を含めた、「ときどき」を表す9つの表現を紹介します💡

最後に頻度を表す32の表現一覧表を載せておいたので、参考にしてくださいね😊

スポンサーリンク

sometimes – 50% –

迷ったらコレsometimes を使いましょう💡

ときどき」という意味の単語の中で、一番よく使われる表現です。

ニュアンスとしては、「常にではないが、頻度があまりはっきりしない、
漠然とした頻度
」です。

  • He used to behave rude sometimes.
    彼はときどき失礼なふるまいをすることがあった。
  • It happens sometimes but not so often.
    そういう事は時々あるけど、そんなにあるわけではない。
  • Sometimes I go out of town to visit my parents.
    ときどき、私は両親を訪ねに町を出る。

at times – 50% –

at times も、sometimes と同じ「ときどき」という意味の表現です。

at times は漠然とした話題というより、具体的な場面で使うことが多いです。

それに比べ、sometimes漠然とした話題でも、具体的な場面でも使うことができます。

  • She makes me so mad at times.
    彼女はときどき私を怒らせる。
  • At times I drink too much.
    私はときどき飲みすぎる。

every now and then – 50% –

every now and then も「ときどき」です。

口語でよく使われる表現で、カジュアルな場面でよく使われます。

ニュアンスとしては、不定期ときどき行う事、起こる事を表すときに使います。

目安としては、だいたい週2、3回くらいです。
(感覚は個人によって差があるとは思います)

ちなみに、every をつけずに、now and then という言い方もできます。

ただ、now and then よりも every now and then のほうがよく聞きます。

  • It happens every now and then.
    それは時々あることだ。
  • Every now and then I stay up late at night.
    ときどき、私は夜遅くまで起きている。

every now and again – 50% –

every now and again は「ときどき」です。

言い方が違うだけで、every now and then とニュアンスも同じです。

これも口語でよく使われる表現で、カジュアルな場面でよく使われます。

ニュアンスとしては、不定期ときどき行う事、起こる事を表すときに使います。

目安としては、だいたい週2、3回くらいです。
(感覚は個人によって差があるとは思います)

これも every をつけずに、now and again という言い方もできます。

  • I have to take my glasses off every now and again.
    私はときどき メガネを外さないといけない。
  • Every now and again you say something that’s actually right.
    君ってたまに本当に正しい事を言うよね。
スポンサーリンク

from time to time – 45% –

from time to time も「ときどき」という意味です。

ニュアンスとしては、定期的にあることで、sometimes, at times よりは頻度は少なくoccasionally, once in a while よりは多いというイメージです。

この表現は、イギリス英語では日常会話でも使われますが、アメリカ英語だと少し堅いイメージがあります。

  • Don’t worry if you make a little mistake from time to time.
    時々 ちょっと間違ったとしても、気にしなくて大丈夫です。
  • You need a rest from time to time
    休むこともたまには必要だ。

every so often – 45% –

every so often も「ときどき」という意味です。

⚠️every so often は「ときどき」という意味になり、oftenより頻度が弱まるので気をつけましょう。

ちなみに、very often だと頻度が強まり、「しょっちゅう」という意味になります。(一覧表を参照してください💡)

この表現も、イギリス英語では日常会話でも使われますが、アメリカ英語だと少し堅いイメージがあります。

  • Every so often she ask me to hang out.
    ときどき彼女に遊びに誘われる。
  • My PC crash every so often.
    私のパソコンはときどきクラッシュする。

occasionally – 40% –

occasionally は、日常会話でもよく使われる「たまに、ときどき」です。

頻度としては、sometimes より少ないが、once in a while よりは多いイメージです。

大体の目安としては、週1回くらいの感じです。

また、very, only を前につけて頻度の低さを強調することができます。

⚠️ occasionally は、否定文では使わないので気をつけましょう。

  • Occasionally I wear a dress, usually though it’s jeans or trousers.
    普段はジーンズやパンツだけど、ときどきワンピースを着る。
  • This happens to me occasionally.
    これは私には たまにある事だ。

on occasion(s) – 40% –

on occasion も、occasionally と同じニュアンスの「たまに、ときどき」です。

頻度としては、occasionally と同じく、sometimes より少ないonce in a while よりは多いイメージです。

これも大体の目安としては、週1回くらいの感じです。

on occasions というふうに、最後に s を付ける言い方もありますが、on occasion のほうがよく聞きます。

  • On occasion I feel pain behind my eyes.
    ときどき目の奥が痛む。
  • My cat catches little birds on occasion.
    私の猫はときどき小さな鳥を捕まえる。

once in a while – 35% –

once in while も「たまに、ときどき」を意味します。

ニュアンスとしては、年に1回〜数回くらいの頻度で行うこと、起こることを言う時に使います。

また、every once in a while というふうに 前に every をつけることで、頻度の低さを強調することもできます。

  • I usually drink beer but every once in a while I like to try wine.
    普段はビールを飲むが、たまにワインを飲みたくなる。
  • She goes on a trip with her family once in a while.
    彼女はたまに家族で旅行へ行く。
スポンサーリンク

まとめ

  • sometimes
  • at times
  • every now and then
  • every now and again
  • from time to time
  • every so often
  • occasionally
  • on occasion
  • once in a while

ときどき」だけでも9つもの表現がありましたが、迷ったら sometimes を使いましょう😊

ネイティブでもそこまで細かい違いを気にして使っていないので、 余裕があればsometimes 以外にもいろんな表現を使ってみると会話の幅が広がりますよ!✨

【一覧表】頻度を表す32の英語表現

頻度を表す32の英語表現をまとめました。

それぞれ、日本語 と 頻度 (%) が分かりやすいように表にしました。

( ) の説明、%は、大体の目安にしてください💡

ネイティブでも細かい違いは気にせず使っていることが多いので、( ) の説明はそこまで気にしなくて大丈夫です。(気になる人のために載せています💡)

32個ってすごく多く感じるかもしれませんが、全部覚える必要はありません😊

はじめは1つの意味につき1表現のみで大丈夫です。

黄色のマーカーが付いている表現が一番よく使われるので、それは覚えておきましょう💡

余裕が出てきたら、他の表現も覚えてみましょう😊

まずはじめは、こんな言い方もあるんだな〜という感じで目を通してみてください💡

口語 の表記は、口語・日常会話でよく使われるものです。(書き言葉でも間違いではありません)

* UK>US の表記は、イギリス英語では日常会話でもよく使われるが、アメリカ英語ではあまり使わず、堅い表現とされるものです。

頻度
alwaysいつも100%
at all timesいつも100%
all the timeいつも100%
almost alwaysほとんどいつも90%
nearly alwaysほとんどいつも90%
nine times out of tenほとんどいつも
(十中八九)
90%
usuallyふつう80%
regularlyふつう80%
normallyふつう80%
generally 口語ふつう80%
typically 口語ふつう80%
more often than not 口語ふつう80%
very oftenしょっちゅう75%
oftenよく70%
frequentlyよく70%
sometimesときどき
(定期・不定期)
50%
at timesときどき
(不定期)
50%
every now and then
(everyなくてもOK) 口語
ときどき
(不定期)
(週2,3くらい)
50%
every now and again
(everyなくてもOK) 口語
ときどき
(不定期)
(週2,3回くらい)
50%
from time to time UK>USときどき
(定期)
45%
every so often UK>USときどき
(不定期)
(週2,3回くらい)
45%
occasionallyときどき、たまに
(週1回くらい)
40%
on occasion(s)ときどき、たまに
(週1回くらい)
40%
once in a whileときどき、たまに
(年1回くらい)
35%
seldomめったにない20%
rarelyめったにない10%
almost neverほとんどない5%
hardly everほとんどない5%
scarcely everほとんどない5%
once in a blue moonほとんどない5%
never決して〜ない0%
notない0%

スポンサーリンク