【2021年最新版】Postcrossing (ポストクロッシング)のはじめ方!ポスクロ登録からハガキの書き方まで、丁寧に解説!【画像つき】

みなさん、こんにちは!

今回は、Postcrossing (ポストクロッシング) の始め方について解説していきます!

Postcrossing (ポストクロッシング) は、世界中の人とポストカードを送りあうことができるサービスです。

初級〜中級の英語学習者にオススメです。短い文章を書いて送るので、アウトプットの練習が出来ます。

詳しい仕組みや、登録の仕方、ハガキの書き方・送り方など、一から画像つきで詳しく解説していきます!😊

【Postcrossing例文集】ポストクロッシング、何を書けばいい?ハガキに書ける英語の例文を紹介!

2021年1月21日

【Postcrossing】ポスクロ3ヶ月やってみて分かったこと

2021年1月17日
letter

【完全保存版】英語で日本の住所の書き方!宛名の詳しい書き方を例文つきで解説〜ハガキ・ポストカード・手紙を出そう〜

2021年1月14日
スポンサーリンク

Postcrossing (ポストクロッシング)ってなに?

image: https://www.postcrossing.com/about

Postcrossing (ポストクロッシング) は、世界中の人とポストカードを送りあうことができるサービスです。

日本人ユーザーの間では「ポスクロ」と言われています。

  1. 登録しているメンバーの中から、ランダムに宛先が選ばれます。
  2. そこにポストカードを送ります。
  3. ポストカードを受け取った相手がポストカードのIDを登録すると、ポストカードが到着したことになります。
  4. 自分の送ったポストカードが登録されると、自分にも誰かからポストカードが送られてきます。
  5. ポストカードが送られてきたら、ポストカードに書かれたIDを登録します。

これが一連の流れです。

登録されたポストカードの数だけ、自分にもポストカードが送られてきます。

つまり、決まった相手とポストカードを交換するのではなく、毎回違う相手にポストカードを送るのです

*お互いが希望すれば、直接やり取りを続けることもできます。

ポストカードを受け取る側は、ポストカードが到着するまで誰から来るか分かりません。

Postcrossing (ポスクロ) の一番ワクワクするところは、ある日ポストに外国からのハガキが届く📮✨ ということです😊

このワクワク感は、やってみないと味わえませんよ🎵

Postcrossing (ポスクロ) に登録しよう!

では、さっそく登録していきましょう!

英語のサイトですが、やることは決まってるので、手順は簡単です💡

Postcrossing (ポスクロ)の登録ページにいく

まず、Postcrossing (ポスクロ) のサイトにいきましょう。

❶メニュー左上の、「SIGN UP」をタップします。

すると、登録画面が出てきます。

登録フォームに入力する

❷〜❼の項目に入力し、❽にチェックを入れ、❾Sign me up! をタップします。

Usernameユーザーネーム英数字のみ。プロフィールに表示されます。ログインするのにも使います。IDみたいなものなので、誰かと同じのは登録できません。誰かとかぶって登録できない時は、Sorry! Username ‘○○’ is already taken. というメッセージが出るので、他の名前にしましょう。

Emailメールアドレス。正しく入力しましょう。

Passwordパスワード。英数字6時以上。忘れないようにメモしておきましょう。

Country。Japan (日本)を選びます。(住んでいる国

City/place都市名。市名を入力すると候補が出てくるので選びましょう。

Postal address氏名を含めた宛先。名前、住所、郵便番号、国名まで入力しましょう。英語での住所の詳しい書き方は、こちらのページを参考にしてください💡

チェックを入れましょう。(Postcrossingの利用規約・ポリシーに同意)

Sign me up! …登録する!このボタンをタップすれば仮登録できます。

これで仮登録ができました!

登録完了までもうすぐです!

すると、このような画面が表示されます。↓

postcrossing

メールを確認し、登録を完了させる

登録したメールの受信ボックスを確認しましょう。

ポスクロから「Postcrossing : confirm your email address」というタイトルのメールが送られてきているはずです。

見当たらない場合は、迷惑メールフォルダも確認してみてください。

ちなみに、Gmail だとちゃんと受信フォルダに入っていました💡

メールを確認すると、登録を完了させるためのボタンが表示されています。

❿ メールにある「Confirm email address」というボタンをタップしましょう。

これで登録が完了しました!

タップするとログイン画面が出てきた場合は、ログインしましょう。

この画面が表示されれば完了です!

登録が完了したら、「Welcome to Postcrossing!」という件名のメールも送られてきます↓

スポンサーリンク

プロフィールを登録しよう!

まず、プロフィールを登録しておきましょう。

プロフィールは、自分にポストカードを送ってくれる人が、ポストカードを選ぶときの参考にすることがあります。

普通に軽く自己紹介する感じで大丈夫です。

  • 挨拶、名前、出身 or 住んでいる場所
  • 興味あること or 趣味など

この2つについて書いておきましょう。

2〜3文くらいでも大丈夫です💡

迷った人は、テンプレートを載せておくので、参考にしてください😊

  • Hello, my name is ○○○. I’m from Tokyo, Japan.
    こんにちは、私の名前は○○○です。日本の東京生まれです。
  • My hobbies are ○○, ○○, ○○ and so on.
    私の趣味は、○○、○○、○○などです。
  • I’m interested in ○○, ○○, ○○ and so on.
    ○○、○○、○○などに興味があります。
  • I like ○○, ○○ and ○○
    私は○○、○○、○○が好きです。
  • I love ○○, ○○ and ○○
    私は○○、○○、○○が大好きです。

では、プロフィールを入力していきましょう。

postcrossing

画面右上の「Settings」をタップすると設定画面になります。

PROFILE」をタップすると、プロフィール設定画面になります。

入力していきましょう。

postcrossing

❶ Real name …本名。下の名前だけでOK。プロフィールに表示されます。

Gender pronouns …性別。Male (男性) Female (女性) Neutral (トランスジェンダー) Group (グループ)が選択できます。グループは、学校や教室などが登録している場合に選びます。

Speak …理解できる言語。English, Japaneseなど、他に学んでいる言語があれば書いてみましょう。

Website/blog …ウェブサイトやブログを載せたい場合は入力しましょう。

Birthday …生年月日(入力していると、ポスクロから誕生日にお祝いメールが送られてきます。また、誕生日近くに送られてくるポストカードにHappy Birthday! と書いてくれる人もいます。)

❻生年月日の公開範囲…Show day/month(月日を公開) Show day/month/year(年月日を公開)、Do not show my birthday anywhere(非公開)

プロフィール…プロフィールを入力しましょう。少なくとも、ここだけでも入力しておきましょう。好きな事、趣味、住んでいる場所など自己紹介しましょう。

❽プロフィール公開範囲…member only(メンバーのみ)のままでOKです。Anyone(だれでも)にすると、ポスクロに登録していない人でもプロフィールが見れるようになります。

❾同じ国へのポストカードが複数あっても良い…チェックしないままでOKです。

❿自分の国からのポストカードが送られてきても良い…チェックしないままでOK。

⓫ポストカードの交換リクエストを受け付ける…これもチェックしないままでOK。

⓬入力できたら、Save changes をタップしましょう。

プロフィール情報が更新されると「Your changes were saved!」と書かれた緑の帯が出ます。

これで、プロフィール登録できました!

余裕があれば、プロフィール画像も登録しておきましょう。

Settings ページ の AVATAR から登録できます。

↓このように「Your avatar has been updated.」という緑の帯が出れば、更新できています。

ポストカードを送ろう!

いよいよ、ポストカードを送りましょう!

初めは5枚まで送れます。

自分のポストカードが相手に届いて、ポストカードに書いたIDが登録されると、自分にも誰かかポストカードが送られるというシステムです。

なので、ポストカードのIDは必ず書きましょう💡

❶ まず、トップページのSEND A POSTCARD をタップしましょう。

❷ チェックボックスにチェックを入れて、ポストカードを送る注意点に同意します。

↓ちなみに、このような内容です。

  • ポストカードのIDを必ずポストカードに書いてください。
  • ポストカードの宛先は、あなたのメールにも送られます。
  • ポストカードを送る前に、ガイドラインを読んでください。

❸ ✉️ Request address をタップすると宛先が表示されます。

❹ 表示されたPostcard ID (JP-○○○○○)をポストカードのどこかに必ず書きましょう。

ポストカードIDは、忘れないように、間違えないように書きましょう。

ポストカードが相手に届いて、相手がこのIDを登録してはじめて、自分がポストカードを送ったとみなされます。

すると、今度は誰かからあなたにポストカードが送られるようになります。

❺ You should mail it to の下に書かれた宛先にポストカードを送る

ここに表示されたままの通りに宛先を書きましょう。

*書くのが難しい場合は、横にPRINT ADDRESSというボタンがあるので、そこから印刷する事もできます。

ポストカードの書き方

image: https://www.postcrossing.com/about

  • 切手 …海外へは70円で送れます。70円切手、または合計が70円になるように切手を貼りましょう。
  • 宛先 …宛先は、先ほどのページに表示された宛先をそのまま書きます。
    英語での住所の書き方が分からない方はこちらのページを参考にしてください💡
  • Postcard ID …ポストカードIDです。忘れないように必ず書きましょう!
    日本からの場合、JP-○○○○というIDが発行されます。
  • メッセージ …相手へのメッセージを自由に書きましょう。
    • 相手の名前 …Dear ○○、Hello ○○、相手の国の言葉で「こんにちは○○」など
    • 挨拶 …Hello や Greetings from ○○、相手の国の言葉で「こんにちは」など
    • 自己紹介 …簡単な自己紹介、どんな仕事をしています、趣味は○○です、猫を飼っています、など
    • 住んでいる場所について …○○は〜が有名です。○○は海に囲まれた町です、など
    • ポストカードの絵柄について…このポストカードは○○の写真です、など
    • 締めの言葉 …Happy Postcrossing! や Have a good day! 、Stay safe! など
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

Postcrossing (ポスクロ)は、だれでも気軽に始められます。

相手のプロフィールを参考にしてどんなポストカードがいいか選ぶのも楽しいです!

それに、英語の勉強にもなります。

特に初心者〜中級者のアウトプットに簡単で短い文をなんども書いたりするのは英語を喋るときの訓練になります。

そして、ある日ポストを見たら海外からのポストカードが!✨

というワクワクが待っています😊

気が向いた人は、一度試してみてください✨

【Postcrossing例文集】ポストクロッシング、何を書けばいい?ハガキに書ける英語の例文を紹介!

2021年1月21日

【Postcrossing】ポスクロ3ヶ月やってみて分かったこと

2021年1月17日
letter

【完全保存版】英語で日本の住所の書き方!宛名の詳しい書き方を例文つきで解説〜ハガキ・ポストカード・手紙を出そう〜

2021年1月14日

スポンサーリンク