Happy New Year には”A” はいらない?…いるときもある!?【例文つき】

日本人には難しい冠詞の有無ですが、Happy New Year の場合はどうなんでしょうか?

日本で売られている年賀状には、「Happy New Year」と「A Happy New Year」両方ありますよね。

果たして、どっちも正解なのでしょうか?

詳しく解説していきます💡

【2021年版】英語で Happy New Year以外の気の利いた挨拶をしよう!【例文集つき】

2021年1月1日
スポンサーリンク

“A”は、いるのか?いらないのか?

皆さんが一番知りたいことですね。

タイトルから答えが分かったという人もいるかもしれませんね😅

答えは、いる時と、いらない時がある!です。

“A”がいるか、いらないか の見分け方

Aが要るか、要らないかの区別の仕方は、こちらです。↓

  • 名詞だけで使う場合 → “A”はいらない
  • 文章中の名詞として使う場合“a” がいる

ちょっと、イメージが湧きにくいかもしれません。

もう少し具体的にいうとこんな感じです。↓

  • Happy New Year だけの場合 → “A”はいらない!
  • Happy new year で始まる文章の場合 → “A”はいらない!
  • Merry Christmas and が前に付いている場合 → “a” はいらない!
  • ↑以外で、文章の途中に出てくる場合 → “a”がいる!

なので、年賀状などでよくある、
”A HAPPY NEW YEAR!” は、間違いですのでお気をつけください⚠️

“A” がいらないとき (名詞だけの場合)

“A”がいらないのは、名詞だけでHappy New Year を使う場合です。

具体的な場面として、

  • Happy New Year だけの場合
  • Happy new year で始まる文章の場合
  • Merry Christmas and が前に付いている場合

このような場合です。

Happy New Year だけの場合

年賀状やメッセージカードの見出しや、初めの文として、

HAPPY NEW YEAR! と書く場合
です。

年賀状やカードなど、メッセージの見出しとして“Happy New Year!” とだけ書く場合は、”A”は付けないでくださいね!

Happy new year で始まる文章の場合

Happy new year の後になにか言葉が続く場合です。

  • Happy new year to my best friend.
    私の親友へ、あけましておめでとう。
  • Happy new year to my love.
    私の愛する人へ、あけましておめでとう。
  • Happy new year 2021!
    2021年、おめでとう!

このような、”Happy new year to 〜“という文章は、
感謝やお祝いの言葉を述べた後で、締めとして使うことが多いです

このような文章の場合も、”A”はいりません。

ほとんどの場合、”to 〜” と続きます。
to の後ろには、宛てたい人が入ります。

お誕生日ソングの、
Happy birthday to you〜🎵」と同じ感じですね。

Merry Christmas and が前に付いている場合

Merry Christmas and Happy New Year! という場合も、“a” はいりません

⚠️Merry Christmas and a Happy New Year は間違いです!

Merry Christmas and Happy New Year! は、クリスマスカードなどに書かれていることが多いですね。

欧米では、新年よりクリスマスのほうが大事なイベントなので、

Merry Christmas の下に、小さくand Happy New Year と書かれることが多いです。

スポンサーリンク

“A” がいるとき (文章中の名詞の場合)

文章の途中に出てくる場合

“A”を付けないといけないのは、文章の途中で出てきた場合です。

  • Wishing you a happy new year!
    幸せな新年を祈っています!
  • Hope you have a happy new year!
    幸せな新年になりますように!

このように、文章の中で名詞としてhappy new year が使われる場合は、”a” がいります!

ちなみに、Merry Christmas も、文章中で名詞として使われると、”a”がいります。

  • Wishing you a Merry Christmas and a Happy New Year!
  • Merry Christmas and Happy New Year!

⚠️Merry Christmas and Happy New Yearの場合は、”a”はいらないので注意。

ちょっとややこしいですね。

そんな時は、みんなの知っているクリスマスソングを思い出してください

We wish you a merry christmas , we wish you a merry christmas, we wish a merry christmas and a happy new year〜🎵

まとめ

いかがでしたか?

“A”がいるとき、いらないとき、区別の仕方は分かりましたか?

  • 名詞だけで使う場合 → “A”はいらない
  • 文章中の名詞として使う場合 → “a” がいる

文法的に判断するのが難しいという人は、

  • Happy New Year だけの場合 → “A”はいらない!
  • Happy new year で始まる文章の場合 → “A”はいらない!
  • Merry Christmas and が前に付いている場合 → “a” はいらない!
  • ↑以外で、文章の途中に出てくる場合 → “a”がいる!

というふうに判断してくださいね!

これで、あなたも迷わずHappy New Year を使えるようになりましたね!

新年しか使えないですから、いろんな人に使ってみましょう!

“A”がいるとき、いらないときの例文を自分で作ってみてください💡

使う人がいないのなら、独り言でもいいですからアウトプットしましょう😊

なんか、この記事、
551(ゴーゴーイチ)の「あるときー!ないときー⤵︎」のあのCMを思い出してしまったのは私だけでしょうか。(関西人ならご存知だと思います)

“A”があるとき、ないとき、あなたがちゃんと区別できるようになったなら、結果オーライです(古い…?笑

【2021年版】英語で Happy New Year以外の気の利いた挨拶をしよう!【例文集つき】

2021年1月1日

スポンサーリンク