「英語は英語で理解しろ」って言うけど正しいの?英語のまま理解できるようになる方法!

「英語は英語で理解しろ」って、よく言いますよね。

ですが、習い始めからそんなことはもちろん無理です。

長いあいだ英語に触れて、英語が上達してから身につく感覚です。

ちなみに、母国語で考え、英語に訳すのも間違いではありません。

文法を理解する上でも必要なことでもあります。

英語初級者はどのようにすれば良いか、解説していきます💡

スポンサーリンク

まずは、英語で反応してみよう!

「英語で理解する」=「日本語に訳さず理解する」ということです。

英語初級者には、かなり難しいです。

このレベルに達するには、まず「英語で理解する」というより、
英語で反応する」ということを意識したほうが良いです。

英語で反応するってどういうこと?

英語で反応するのがどういうことか、解説します💡

例えば、普段生活しているときに「痛っ!」とか「おっと!」とか「なんでやねん!」とか。

そういう口からとっさに出る言葉を英語で出てくるようにするわけです。

“Ouch!” (痛っ!) “Oops!”(おっと!) “No way!”(なんでやねん!) のように、初めは簡単な一言でも構いません。

家で一人でいるときは英語で思っていることを話してみると、パッと英語で反応しやすくなるでしょう。

実際、私もそうしています。

自分の思ったことを話す練習になります。

家にいるときだけでなくても、普段心の中で思うことを英語で何と言うか考えてみましょう。

言葉って、そもそも自分の意見を伝えるためのツールですよね。

なので、自分の思ったことを英語で口に出す練習をするのが一番実践的で役に立ちます。

では、実際思ったことを英語では何と言うのか?と思ったとき。

ググりましょう。

たとえば、「課題の期限いつだっけ…」と思った場合。

「課題の期限いつだっけ 英語」

と、Google で検索してみましょう。

すると一番上には、Googleの自動翻訳が表示されると思います。

自動翻訳の英語は参考程度にしましょう。(間違っていることもあるので)

必ず、その言い方について解説しているページを確認しましょう。

それらしき言葉が出てきたら、Twitterで検索してみましょう。

合っていれば、ネイティブがツイートしているはずです。

面倒くさければ、ググるだけでOKです。

それを繰り返しているうちに、一言くらいの簡単な文はだんだん英語で言えるようになるでしょう。

ちなみに、ググる方法の他にもう一つ、ネイティブに質問できる方法もあります。

詳しくはこちらの記事で解説しています💡

2021年最新版!HiNative (ハイネイティブ)ってなに?誰でもネイティブに気軽に質問できる、HiNativeの始め方!【画像付き】

2020年12月31日

インプットもしよう

もう一つ、実用的な英語をインプットするために、海外ドラマ を見ましょう!

海外ドラマ は普段の生活で使える英語がたくさんあります。

初めは聞き取れなくても大丈夫です。

何回も見ていくうちに、少しずつ聞き取れる範囲が増えてきます。

全て覚えようとすると大変で続かないので、ストーリーを楽しみつつ、「なるほど、こういうときはこう言うんだな」と気にとめる程度で大丈夫です😊

映像と合わせて見ることで記憶に定着しやすいですし、どんな状況でどんなフレーズを使うかが分かりやすいです。

よく使う言葉は何回も出てきますから覚えてしまうでしょう。

このようなインプットとアウトプットを繰り返すことで 英語に反応するスピードが早まり、英語で理解するという力も自然と身についてくるでしょう。

この方法は英語だけに限らず、他の言語でもそうです💡

スポンサーリンク

まとめ

  • 「英語で理解する」より、まずは「英語で反応」しよう
  • 自分の思ったことを英語で何と言うかを考える(調べる)クセをつけよう
  • それを独り言のように口に出して言おう
  • 海外ドラマなどを見て、使える英語をインプットしよう

というのが、「英語を英語で理解する」ための早道になります。

オススメの海外ドラマは、また今度紹介しますね😊

みなさん、英語学習、外国語学習これからもがんばりましょう✨

2021年最新版!HiNative (ハイネイティブ)ってなに?誰でもネイティブに気軽に質問できる、HiNativeの始め方!【画像付き】

2020年12月31日

出来るだけお金おかけずにTOEIC・英語・外国語を勉強する方法! その3 〜スピーキング編〜

2020年12月28日

スポンサーリンク