出来るだけお金おかけずにTOEIC・英語・外国語を勉強する方法! その3 〜スピーキング編〜

みなさんこんにちは😊

今回は、できるだけお金をかけずに、TOEIC・英語・外国語を勉強する方法
シリーズのその3
です!

今回は、スピーキングに関してです。

いくら英語を学んでもアウトプットしないと、なかなか身につきません。

そこで、やったほうがいい練習がスピーキングです。

シャドーイングなど、自分一人でできることももちろんありますが、
やはり、生身の人間と面と向かって喋るのが一番身になります。

一人で練習するよりも、話す相手がいたほうが格段に記憶に残りやすいです。

できるだけお金をかけずに1対1でのスピーキングを練習する方法としては、

  • オンライン英会話(有料、トライアル無料なところもあり)
  • アプリ・インターネットでタンデムパートナーを見つける(無料)

などがあります。では、詳しく解説していきます💡

スポンサーリンク

オンライン英会話・オンライン外国語会話

最近、格安でオンライン英会話もありますし、英語以外でも対応しているオンライン外国語会話のサービスもありますね。

実店舗の英会話教室に行くよりは大分お得だと思います。

  • DMM英会話
  • レアジョブ
  • ネイティブキャンプ

などなど、他にもたくさんあります。

月額制で、プランによって回数・時間などが決められています。

あらかじめカリキュラムが決まっているものもありますが、
お手頃な値段のものは、カリキュラムなどは決まっておらず、
自分でレッスン内容を決めて受けるというものが多いです。

オンライン英会話気をつけたほうが良いのは、
毎日受けれるからといって、なんとなく受けないことです。

今日はこの練習をする、というように自分で目標を決めて、
それを先生に始めに伝えてからスピーキングの練習をしましょう。


そうでないと、ただの雑談で終わってしまいます。

ただ英語での話し相手がいればいい、というだけなら良いのですが
実店舗の英会話教室より大分お得な値段とはいえ、お金を払っているわけですから、きちんと身になるレッスンをすることをオススメします💡

そうでないと、オンライン英会話を始めて何ヶ月か経ったときに、
「あれ…もう何ヶ月も英会話のレッスンしてきたけど、そこまで進歩が感じられないな…😥」と思うことでしょう(友人の体験談)

なので、毎回フリートークというのは、英語力の進歩が遅くなるのでオススメしません。(現状維持したいだけなら大丈夫ですが)

ただ、毎日受けられるオンライン英会話レッスンなら、たまには息抜きでフリートークの日があってもいいと思います😊

アプリ・インターネットでタンデムパートナーを見つける

アプリでタンデムパートナーを見つける

もう一つの方法は、語学学習アプリを使ってネイティブと話す方法です。

アプリ自体は無料なので、タダでできます。(課金制度はあるが、課金しなくても十分使える)

これは、英会話レッスンではありませんので、
相手は日本語を勉強している外国人になります。

このような交流のことを、
Language Exchange(言語交換)もしくはTandem(タンデム)といいます。

お互いの母国語を教えあうという、win-win な交流です。

ちなみに、Language Exchange をする相手のことを、タンデムパートナーと言います。

具体的には、始めに話す時間を決めて、1時間話すとしたら、
はじめの30分は英語で喋り、後半の30分は日本語で喋る
というような感じで話します。

その会話の中で、間違っているところがあればお互い教えあったりするのです。

これも練習するときは、今日は何を言おうとか、決めたほうが良いです。

ダラダラと雑談するより、インプットした知識をアウトプットしましょう!

もちろん、初回はお互いの自己紹介をするでしょうし、話の流れで雑談になることもあるかと思います。

それはケースバイケースで、柔軟に対応しましょう。

このような相手を見つけられるアプリとして、

  • Hello Talk
  • Tandem

代表的なのはこの2つのアプリです。

  • Hello Talk語学学習者のSNSアプリです。

タイムラインに投稿したり、個人的にメッセージしたり、通話したりもできます。

  • Tandemは、SNSというより、話したい相手を見つける、という

タンデムパートナーを探すためのアプリです。
チャットをしたり、通話したりできます。

⚠️注意点⚠️

  • 本気で言語を勉強している人を選ぶ(中には出会い目的の人もいる)
  • アプリでは、カカオやWhatsUp、WeChatなど、他のアプリのアカウントを教えない
  • 個人情報(住所など)は簡単に教えない

残念な事ですが、中には外国語学習以外の目的でアプリを使っている人もいます。
なので、そういう人たちに引っかからないように、きちんとプロフィールを確認して、本気で勉強している人だと分かる人にのみ、メッセージを送りましょう。

スポンサーリンク

インターネットでタンデムパートナーを見つける

先ほどにもでてきたタンデムパートナーですが、

アプリだけではなく、ウェブサイトのサービスでも見つけられます。

代表的なサービスは、

などがあります。

自分のプロフィールを登録して、自分と合いそうな人を見つけてコンタクトすることができます。

サイトによっては、課金しないとメッセージを送れないところもありますが、

大体のサービスは無料です。

私自身、3つとも使いましたが、無料で見つけられました😊

こちらはアプリと違って、メッセージ機能しかないので、

通話するときは、スカイプですることが多いです。

実際Language Exchangeするときは、アプリでの説明と同じように、

通話時間を決めて、お互いの母国語で喋るタイムを半分ずつとって喋り、

お互い間違っているところがあれば指摘してあげる
という感じです。

先ほどのアプリも、このサービスも、共通して言えるのは、

  • 自分で相手を見つけないといけない
  • 自分の母国語も教えないといけない(間違ってたら指摘するくらいでOK)
  • 相手は先生ではないので、詳しく説明してもらえないかも(人による)
  • その代わり、タダ!
  • 気が合ったら友達になれる

です。

アプリの注意点でも述べましたが、
残念なことに、中には出会い目的でメッセージを送ってくる人もいます。

なので、同性の人を選ぶことをオススメします。
話も同性のほうが合うことのほうが多いです。(私の経験上)

異性だとモチベーションが上がるならそれでも良いのですが、
本気で英語を上達させたいなら、ちゃんと分けることをオススメします。

⚠️注意点⚠️

  • 本気で言語を勉強している人を選ぶ(中には出会い目的の人もいる)
  • スカイプ以外のSNSアカウントは簡単に教えない
  • 個人情報(住所など)は簡単に教えない


余談ですが、私は高校生のころ、My Language Exchangeでフィンランド人の同世代のペンパルを見つけて、英語で手紙の交換をしていたことがあります📮
たまに、言語交換ではなく、ペンパルを募集しているという人もいます。
スピーキングの練習とはまた違いますが、手紙を交換するのも楽しいですよ🎵(プロフィールを見て、怪しそうでない人かちゃんと確認してくださいね)
懐かしいな〜☺️久しぶりにまた手紙送ってみようかな…💡

高校生のころ交換していた手紙✉️
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?
できるだけお金をかけずに1対1のスピーキングを練習する方法として、

  • オンライン英会話(有料、トライアル無料なところもあり)
  • アプリ・インターネットでタンデムパートナーを見つける(無料)

という方法があります。

少しならお金を出していいから、効率的にスピーキングの練習をしたい
→オンライン英会話


とりあえずお金はかけたくない、無料でスピーキングの練習がしたい
アプリ・インターネットでタンデムパートナーを見つける


というのが良いのではないかと思います。

皆さんの参考になれば嬉しいです😊

出来るだけお金おかけずにTOEIC・英語・外国語を勉強する方法! その4 〜ライティング編〜

2020年12月29日

出来るだけお金おかけずにTOEIC・英語・外国語を勉強する方法! その1 〜テキスト編〜

2020年12月26日

出来るだけお金おかけずにTOEIC・英語・外国語を勉強する方法! その2 〜質問編〜

2020年12月27日

TOEICを3年ぶりに受けてみた!

2020年12月25日

スポンサーリンク