2021は英語でどう読む?年号の読み方&アメリカ英語・イギリス英語の違い

今回は、ちょっとややこしい年号の読み方を解説します💡

年号の読み方は、日本語と違って色んな決まりがあります

そして、アメリカ英語・イギリス英語によっても読み方が
変わるものもあります。

細かい違いや、読み方の規則について解説していきます😊

英語で時間の読み方・言い方〜アメリカ英語とイギリス英語の違い〜

2021年1月8日

英語で年・月・日付の言い方!〜アメリカ英語・イギリス英語の違い・前置詞の使い分け〜

2021年1月4日

Happy New Year には”A” はいらない?…いるときもある!?【例文つき】

2021年1月2日
スポンサーリンク

基本的な年号の読み方

基本的に年号は4ケタの場合前2ケタ、後ろ2ケタと区切って読みます

  • 1035 → ten thirty-five
  • 1789 → seventeen eighty-nine
  • 1974 → nineteen seventy-four
  • 2021 → twenty twenty-one (two thousand and twenty-one*)

* two thousand and twenty-one …この読み方は後ほど説明します

キリのいい年号の読み方

  • 1300 → thirteen hundred
  • 1700 → seventeen hundred
  • 1900 → nineteen hundred
  • 2000 → two thousand
  • 1000→ one thousand

1100〜1900年のキリのいい年号は、後半の2ケタが00ですよね。

後半の2ケタが00の場合、hundred といいます。

例えば1400年だったらfourteen hundred といいます。

⚠️fourteen zeroなどとは読まないので注意しましょう

ちなみに、1000年2000年の場合は、2 ケタごとに分けずに、
そのままone thousand、two thousand と読みます。

(⚠️ ten hundred、 twenty hundredとは読まないので注意!)

世紀はじめの1〜9年の読み方

  • 1302 → thirteen oh-two
  • 1501 → fifteen oh-one
  • 1708 → seventeen oh-eight
  • 1905 → nineteen oh-five

これはタイトルの付け方を迷ったのですが…😅

正確には、1100〜1900年の世紀初めの1〜9年です。

要するに、

  • 1101〜1109年
  • 1201〜1209年
  • 1301〜1309年
  • 1401〜1409年
  • 1501〜1509年
  • 1601〜1609年
  • 1701〜1709年
  • 1801〜1809年
  • 1901〜1909年

のことです。この場合、普通の読み方とは少し違う読み方をします。

どのように読むかというと、後ろの2ケタの読み方が
oh-one (オゥワン) ,oh-two (オゥトゥ) … となります。

例えば、1501年fifteen oh-one と読みます。

ちなみに、2001年は?twenty oh-oneと読まないの?と思った方。

鋭いですね!この読み方も間違いではないのですが、ほとんど聞きません💦

なので、この後に解説する読み方を参考にしてくださいね!

⚠️ 年号や電話番号などでゼロを言う場合、英語では zero ではなく、oh (オゥ)といいます。

スポンサーリンク

2000年以降の年号の読み方

  • 2001〜2019年 → two thousand (and) 〜
  • 2020年〜 → twenty twenty

2000年以降になると、さらに読み方にバリエーションが出てきます😅

基本的に、2001年以降は、two thousand (and) 〜ということが多いです。

この場合のandは、アメリカ英語では付けませんが、イギリス英語では付けるので気をつけましょう⚠️

また、2010年以降は、従来の2ケタごとに区切る読み方でも言うことができます。

どちらが一般的かというと、
2019年まではtwo thousand (and)〜という読み方が多く、
2020年以降は2ケタごとに読むことのほうが多いです。

ちなみに、2001〜2009年をtwenty oh〜という読み方も
間違いではありませんが、ほとんど聞かないので、two thousand (and) 〜を使うことをオススメします。

ですが、どちらも間違いではないので、好きなほうを選んでください😊

  • 2000 → two thousand
  • 2001
    • two thousand one(US)
    • two thousand and one(UK)
    • (twenty oh-one)
  • 2002
    • two thousand two (US)
    • two thousand and two (UK)
    • (twenty oh-two)
  • 2003
    • two thousand three (US)
    • two thousand and three (UK)
    • (twenty oh-three)
       :
  • 2009
    • two thousand nine (US)
    • two thousand and nine (UK)
    • (twenty oh-nine)
  • 2010
    • two thousand ten (US)
    • two thousand and ten (UK)
    • twenty ten (US/UK)
  • 2011
    • two thousand eleven (US)
    • two thousand and elven (UK)
    • twenty eleven (US/UK)
  • 2012
    • two thousand twelve (US)
    • two thousand and twelve (UK)
    • twenty twelve (US/UK)
      :
  • 2019
    • two thousand nineteen (US)
    • two thousand and nineteen (UK)
    • twenty nineteen (US/UK))
  • 2020
    • two thousand twelve (US)
    • two thousand and twelve (UK)
    • twenty twenty (US/UK)
  • 2021
    • two thousand twenty-one (US)
    • two thousand and twenty-one (UK)
    • twenty twenty-one (US/UK)
  • 2022
    • two thousand twenty-two (US)
    • two thousand and twenty-two (UK)
    • twenty twenty-two (US/UK)
      :

3ケタの年号の読み方

3ケタの年号は あまり言うことがないかもしれませんが、念のため解説しておきます💡

  • 359
    • three fifty-nine (US/UK)
    • (the year) three hundred and fifty-nine (UK)
  • 794
    • seven ninety-four (US/UK)
    • (the year) seven hundred and ninety-four (UK)
  • 916
    • nine sixteen (US/UK)
    • (the year) nine hundred and sixteen (UK)

見ての通り、3ケタの年号の読み方にも、アメリカ英語イギリス英語で違いがあります。

アメリカ英語・イギリス英語共通の読み方は、592年five ninety-two のように、hundredを省略して読みます。

イギリス英語の場合、もう一つ読み方があり、592年five hundred and ninety-two のように、hundredの後にandを付けます

2001年〜(two thousand and one)と同じですね。

また、イギリス英語の場合は、the year を数字の前に付けて読む場合もありますが、付けなくてもOKです。

ちなみに、アメリカ英語では日常会話でも、3ケタの数字のhundredを省略することがあります。

  • How much is the fare? – Two thirty.
    運賃はいくらですか? – 230円です。

以前、アメリカ人にtwo hundred thirty と答えたら、あぁ、two thirty ね。と返されたことが何度かあります。

なので、ネイティブがよく使う表現なのでしょう💡

ただし、イギリス英語では、hundredを省略する表現は、3ケタの年号を読む時だけなので、注意しましょう⚠️

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

  • 4ケタの年号は基本的に前後2ケタずつに分けて読む
    • 1964 → nineteen sixty-four
    • 2021 → twenty twenty-one
  • 2001〜2019年 two thousand 〜
    • 2005 → two thousand five
    • 2019 → two thousand nineteen
  • キリのいい数字はまとめて読む
    • 1800 → eighteen hundred
    • 2000 → two thousand
  • 後ろ2ケタが 0 * のときは、は oh-* と読む
    • 1401 → fourteen oh-one
    • 1806 → eighteen oh-six
  • 3ケタの年号はhundredを省略する
    • 794 → seven ninety-four
    • 916 → nine sixteen

簡単にまとめるとこんな感じです。

本当に色んな読み方があって混乱するかもしれません😅

アメリカ英語、イギリス英語の違いもややこしいですよね。

とりあえずは、自分が勉強しているほうの英語の言い方を覚えてしまいましょう!

(日本の英語教育は基本的にアメリカ英語です🇺🇸)

英語で時間の読み方・言い方〜アメリカ英語とイギリス英語の違い〜

2021年1月8日

英語で年・月・日付の言い方!〜アメリカ英語・イギリス英語の違い・前置詞の使い分け〜

2021年1月4日

Happy New Year には”A” はいらない?…いるときもある!?【例文つき】

2021年1月2日

スポンサーリンク